ヘッドハンティングされるような有能な人材を目指そう

男性と女性

住まいを造れる仕事

工具

求めたい就職先

大工として求人に応募するに当たって、資格が必要ないものは数多くあります。しかしどのような現場に飛び込んでも、中にいる人にとって安全な建物を造るためには技術と知識が必要になります。未経験の方であれば十分な研修を行ってくれる求人に就職しましょう。初めて大工仕事を行う方であれば、見習い期間中は雑務をこなすことになります。その期間の長さと待遇に関してはあらかじめ雇用主に良く話を聞いておきましょう。見習い期間内でも安定して生活できる求人を探すことが大切です。また大工の中には型枠大工のように建築物の骨格を造る方もおられます。自分がどのような大工になりたいのか青写真を思い描いた上で求人に応募すると良いでしょう。

専門性も深められる

安全な建物を造る上で欠かせない職業と言えば大工です。こうした職業の中でも専門性の高い求人を見つけたい方は、宮大工を探してみましょう。宮大工とは神社のような日本伝統の建物に関わる職業です。神社を修繕したり、リフォームしたりするような仕事を行います。一般的な住宅を建てるのとは異なる古式ゆかしい技術が求められるため、専門知識が必要になります。こうした大工の求人を探している方であれば、まず職人の下に弟子入りすると良いでしょう。逆に汎用的な住宅の建造に携われる求人は、工務店やハウスメーカーにあります。こうした場所に就職すれば、街中にある住まいを建てられるのです。身近にいる人達の生活を守りたいと考えている人にとって価値ある求人でしょう。